家具 インテリア

インテリア&DIY

ジグソーの種類と特徴及び基本的な使い方。

ジグソーはモーターの回転を上下運動に変換し、上下する刃物で板等を切断する電動工具です。

 

直線、曲線、斜めのカットなどいろいろなカットが出来ますが、曲線カットや穴抜きカット

が出来るのが大きな特徴となっています。

 

 

 

 

ジグソーの種類と特徴

単速タイプ

単速タイプはブレードの往復速度が一定のものです。

 

細かな作業には向きませんが、繰り返し同じ作業をする場合等には適しています。

変速タイプ

変速タイプはブレードの往復速度を変えることができます。

 

これには、2段変速と無段変速が有ります。

 

上記の写真のジグソーは無段変速で、ダイヤルの数字を変えることによって

自由に速度を変えることが出来、材料に合わせた使い分けが出来ます。

オービタルアクションタイプ

このタイプはブレードが上下するだけではなく、オービタルアクション(楕円運動)します。

 

したがって切削能力が高く、厚い木材等のカットに適しています。

 

ブレード

ジグソー用ブレードは切削する材料によってブレードを変えなくてはいけません。

 

 

 

 

また、メーカーによってブレードの固定方法が異なっているため、メーカー専用の

ブレードを使用する必要があります。

 

ジグソー用ブレードは多くの種類が有り、切削材料、作業内容に適したブレードを

選択しなければいけません。

 

 

ブレードの種類には以下のようなものが有ります。

 

① 木材用(荒挽き用、一般用、曲線用)

 

② 非鉄金属用(アルミ、真鍮等柔らかい金属)

 

③ 金属用(鉄板用)

 

④ ナイフブレード(ゴム、皮製品)

 

⑤ 特殊用(ブロック、スレート、タイル等)

ジグソーの基本的な使用方法

ジグソーのブレードは折れやすく、間違った使用方法で扱うと、ブレードを破損したり、

製品自体も傷つけてしまう場合があります。

 

添付されている使用説明書に従って、正しいブレードの取り付け方、操作を行う必要があります。

 

 

①  ブレードは使用説明書に従って、専用のものを正しい取付方法で、刃を進行方向に向けて
取り付ける。

 

実際にカットする前に空転させて正しく取り付けられていることを確認する。

 

② ジグソーのベースを加工材にしっかりとあて、スイッチを入れ、ブレードを作動させる。

 

③ ブレードの上下速度が一定になったらジグソーをゆっくり動かしながらカットする。

 

④ 曲線をカットする場合は、特にジグソーをゆっくりと軽く動かさなければいけません。

 

無理に強く動かしますとブレードが折れたり、加工材を傷つける場合がありますので
気を付けてください。

 

なお、オービタルアクションタイプのジグソーは、金属の切断には使用出来ません

のでご注意ください。

 

タグ :   

DIY 電動工具

さしがねの構造と用途と使い方。

測定工具は物の寸法を測る道具ですが、木工や日曜大工には欠かせない工具の一つです。

 

材料や物の厚み、巾、長さ、奥行き、丸いものの外径、内径、角度など木工工作の作品の

出来上がりの良し悪しを決める上で、測定という作業は非常に重要は工程の一つです。

 

したがって、物の寸法を測る場合は適切な道具と適切な計り方が必要となります。

 

測定工具には以下のようなものがあります。

 

直尺、折尺、巻尺(コンベックス)、さしがね、ノギス、スコヤ、留定規、レベルゲージ、パス、
墨壺、水平器、ピッチゲージ、マイクロメーターなどがあります。

 

上記の中のさしがねについて、構造、用途、使い方についてご紹介します。

 

さしがねとは

 

「さしがね」は金尺、曲尺などその他呼び方はいくつか有りますが、ステンレス製、

真鍮製が有ります。

 

大工さんが昔から使ってきた日本独特の物差しで、直線、直角、曲線だけでなく、

さまざまな使い方が出来てたいへん便利な道具です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さしがねの用途

 

・工作物の測定、形状を決める。

 

・直線定規、直角定規として使う。

 

・工作物の入隅、出隅の直角をチェックする。

 

・傾斜角度を求める分度器として使う。

 

・湾曲させ、曲線定規として使う。

 

・裏目を使って、三角法の代用をする。

 

さしがねの構造

 

L字形の長いほうを長手(ながて)、短いほうを妻手(つまて)といい長手の長さは妻手の

約2倍になっています。

 

寸法は、大工さんは尺、寸のものを使われいますが、木工では、cm、mmが使いやすいと思います。

 

私が使っているさしがねもcm、mm表示です。

 

 

さしがねには、表、裏があり、妻手が上になるように長手を持った時、妻手が右側になる面が表、

妻手が左側になる面が裏となります。

 

 

目盛りは、表の外側には正規の目盛り(表目)が刻まれています。

 

裏には妻手の外側には表目、内側には丸目(円周尺)、長手の外側には裏目(角目)が

刻まれています。

 

さしがねによっては、丸目が長手の内側に刻まれているものも有ります。

 

また、長手の内側の端には表目が刻まれているものも有ります。

 

さしがねの使い方

 

(イ)平行線を引く

 

 

 

 

 

(ロ)曲線を引く

 

 

 

 

(ハ)板の巾を等分する

 

 

 

 

(ニ)角度を出す

 

 

 

 

 

(ホ)深さを計る

 

 

 

 

丸目

 

丸目は表目の3.141倍の単位が刻まれています。

 

すなわち正規の目盛りに円周率を掛けた目盛りとなっています。

 

したがって、円の直径を計ることによって円周の長さが分かります。

 

 

 

 

 

 

角目

 

角目は表目の1.414倍になっています。

 

すなわち√2倍となっていますので、円の直径を計ることによって内接する正方形の

1辺の長さを知ることができます。

 

 

 

 

 

 

タグ :  

DIY 測定工具