家具 インテリア

インテリア&DIY

テーブルの天板に最適な横はぎ材と耳付き天板のご紹介。

テーブルの天板などの幅が広くて厚みのある板は、無垢の1枚板での入手は難しく

入手出来てもとても高価になります。

 

このような場合は、横はぎ材や既製品の耳付き天板を利用すると良いでしょう。

 

集成材を使うのも選択肢の一つとして大変良いのですが、

横はぎ材は集成材にくらべて貼り合わせている個々の板の幅が広いので、無垢板に近く

きれいな木目を楽しむことが出来ます。

 

そんな横はぎ材と耳付き天板についてご紹介します。

 

 

横はぎ材

横はぎ材とは、無垢板を巾方向のみ貼りあわせて作られた板のことです。

 

長さ方向は継いでおらず、それぞれの貼り合わされている無垢板の幅も集成材に比べて

広いので無垢の1枚板に近い雰囲気を味わうことが出来ます。

 

 

 

 

貼り合わされているそれぞれの無垢板の幅はランダムですが、

一般的には入手が簡単な、10cm~20cmくらいの幅の無垢板がメインとなります。

 

また貼り合わせる無垢板の木目によって、貼り合わせる位置を工夫することによって

貼り合わせた位置がほとんど分からなくすることも可能です。

 

貼り合わせの方法には、およそ次のような種類があります。

 

(1) すり合わせはぎ(芋はぎ、平はぎ)
(2) 相欠きはぎ
(3) 雇いざねはぎ
(4) 本ざねはぎ
(5) 蟻ざねはぎ
(6) 相互はぎ
(7) 傾斜はぎ
(8) だぼはぎ
(9) 木ねじはぎ
(10) 蟻くさびはぎ
(11) 端ばめはぎ

 

 

 

上記のようにいろいろありますが、現在多くのはぎ材メーカーや集成材メーカー等が

行っている貼り合わせの方法の一つは、ビスケットを用いた高周波(加熱)接着です。

 

ビスケットとは、楕円形をした木製の板状のもので、貼りあわせる面の数ヶ所に挟み込んで

接着させます。

 

ビスケットの効果としては、接着強度の向上と接着の際に圧力をかけた時に板同士が

ズレルのを防ぐ効果があります。

 

 

高周波(加熱)接着とは、接着面に熱可塑性、又は熱硬化性の接着剤を塗布し、

圧力を加えた状態で高周波を流すことによって高温、高圧を発生させ、

木材同士を強力に接着させる技術です。

 

普通私達が使用している木工用ボンドも接着力は十分得られますが、水に弱い欠点があり、

その点熱可塑性、又は熱硬化性の接着剤は接着強度はさらに強力で、水にたいしても強く、

強力な接着強度が得られます。

 

 

物質の加熱には、内部加熱と外部加熱があります。

 

外部加熱とは、物質の外部から熱伝導等を利用して徐々に内部まで加熱する方法ですが、

内部加熱は、物質そのものが発熱することによって内部と外部から同時に加熱されます。

 

高周波(加熱)接着は、上記の内の内部加熱になります。

 

 

高周波(加熱)接着には、短時間で高温を発生させることができることと、内部と外部を

均一に加熱することができること等の利点があります。

 

私達が日常使用している電子レンジに似ています。

 

 

私達がDIYで横はぎ材を製作する場合は、上記の(1)~(11)の内のいずれかの方法で、

接着剤は木工用ボンドか、できれば2液性の接着剤で水に強くて接着強度も高いものを

使用するのが良いと思います。

 

貼りあわせの工具としては、小さいものであればクランプ、天板等の巾の広いものの製作には

ハタ金が複数本必要になります。

 

 

 

ハタ金を使用する場合のコツとしては、片面からのみ使用するのではなく、

両面から表側と裏側を同じ本数になるように互い違いに使用するのが良いです。

 

片方からですと、板が湾曲する場合があります。

 

また、貼りあわせに使用する材料については、人工乾燥された完全に乾燥させた

材料を使用するようにしてください。

 

 

天然乾燥した木材の場合は、表面的には乾いているように見える場合でも、

中の方は乾いていない場合があります。

 

乾燥されていない材料を使用しますと、接着強度が低下してはがれる原因になります。

 

 

まちがいないのは、横はぎ材専門のところに依頼されるのが良いと思います。

 

下記ショップにて横はぎ材を扱っていますのでお問い合わせしてみてください。

 

◎ マルトクショップ

 

◎ オカモク楽天市場店

 

 

 

耳付き材

耳つき天板や耳つき板などの言葉を聞かれたことがあるかと思いますが、

「耳」とは木の丸太で言いますと、一番外側の木の皮が付いている部分のことを言います。

 

食パンの耳と同じですね。

 

食パンの場合は、周囲の少し焦げた色をして硬めの部分をいいます。

 

 

木の場合は、比較的直径の大きな丸太を上から下に縦に切った場合に、

両端の皮が付いている部分が耳となります。

 

 

 

 

耳つき天板には上記にような丸太から製材された無垢の1枚板で作られたものと、

巾を数枚の板で貼りあわせて、両端に耳の部分を付けた耳つき天板もあります。

 

 

 

 

耳つき天板のサイズ(厚み、巾、長さ)はメーカーによってさまざまなサイズの

ものが作られていますので、サイズによってさまざまな使い方ができます。

 

さまざまなテーブルトップやカウンタートップに使用することが出来ます。

 

我が家でもダイニングテーブルとして、タモの耳付き天板を使っています。

 

 

私が使っているものは、無垢の1枚板ではなく何枚か貼り合わされて

つくられたものですが、貼り合わせの技術は非常によく、

表面からみただけでは貼りあわせている境目はほとんど分かりません。

 

このほかにも用途としては、カウンター、作業テーブル、座卓、等々用途は

いろいろあります。

 

 

耳が付いている天板は、一般的な天板に比べて自然の無垢板の雰囲気を感じる

ことが出来るのが特長です。

 

自然の木がお好きな方にはとても良いものです。

 

 

下記に耳つき板等を扱っておられるところをご紹介します。

 

掘り出し物の1枚が見つかるかもしれません。

 

○ グー・チョキ・パー
タモ耳つき天板用集成材、タモ耳なし天板用集成材、無垢材、北欧パイン集成材パネル、

各種集成材 等々

 

○ マルサク佐藤製材
日田杉の耳つき板、桧、松、いちょう等々の1枚板

 

○ マルウメ ウメエセイザイショ
日田杉のテーブル用耳つき板、杉、桧羽目板、フローリング 等々

 

○ 満天木材
ケヤキ、秋田杉、イチョウ、木曽桧、タモ、桜、チェリー、青森ヒバ、

等々耳つき無垢1枚天板、フローリング材

 

○ 木のやすらぎ館
桧、杉、あすなろ、けやき、たがやさん、したん 等々耳つき1枚板、

羽目板、フローリング

 

○ 
タモ、オーク、ウォールナット耳つき横はぎ天板、片耳つきカウンター

 

○ 日曜大工・改装・補修用資材を買うなら我が店でどうぞ。
吉野杉、桧耳つき天板

 

○ 木材倉庫 ムック
タモ耳つき横はぎ天板、各種集成材、羽目板、ウッドデッキ、各種無垢板、

その他DIY商品

 

○ 株式会社小山商店
ケヤキ、イチョウ、サクラ、スギ、ヒノキ、クス、ウォールナット各種無垢耳つき板、

その他無垢板各種、羽目板、各種床材、集成材

 

 

タグ :  

DIY 木工材料

木工用の木材に便利なツーバイフォー材(2×4材)のご紹介。

2×4材は、正式には、枠組壁工法構造用製材といいますが、

枠組壁工法建築物の構造上において主要な部分に使用されている構造材の木材です。

 

この2×4材は4面にかんな掛け、及び面取りされており、針葉樹が使われています。

 

 

枠組壁工法は、元々は北米で昔から行われている木造住宅の建築工法なのですが、

木材で組まれた枠組みに構造用合板を打ち付けたパネルを使って家の床、

壁を建築していく工法です。

 

 

この木材と構造用合板で作られるパネルは、主に2×4(2インチ×4インチ)の

木材を使用するため、2×4工法とも言われています。

 

日本でも昭和50年代頃よりこの工法で木造住宅が建設されるようになっており、

三井ホームさんが2×4住宅の普及に大きく貢献されておられます。

 

 

この枠組壁工法(2×4工法)による木造住宅は、構造上非常に優れている特長があり、

北米においては一般の木造住宅にとどまらず、大型のショッピングモール等の商業施設、

アパート、体育館、ホールなども2×4工法によって建築されています。

 

 

また、構造物の元となるパネルは工場で生産され、現場では組み立て作業のみのため、

建築工期の短縮にも貢献しています。

 

この2×4材は、いくつかの決まったサイズがあり、また日本で現在販売されているのは

乾燥材のため、一般の私達が木工や日曜大工でいろいろな木工品を作るのにも適しており、

多くのホームセンター等で販売されています。

 

2×4用木材には以下の規格のものがあります。

 

  未乾燥材 乾燥材
呼称 厚み(mm) 幅(mm) 厚み(mm) 幅(mm)
203 40 65 38 64
204 40 90 38 89
206 40 143 38 140
208 40 190 38 184
210 40 241 38 235
212 40 292 38 286
404 90 90 89 89

 

 

上記の他に、厚みが半分の材料も幾つかあります。

 

未乾燥材では厚みが20mm、乾燥材では19mmとなります。

 

 

日本において2×4工法による住宅が建てられ始めた昭和50年代の頃は、

上記の内の未乾燥材が多く使われていましたが、現在は、日本においては乾燥材が

輸入されており、ホームセンター等で販売されているものは、ほとんど乾燥材と

なっています。

 

 

長さの規格は、およそ8フィート(約2.4m)~20フィート(約6m)

くらいまであります。

 

上記の内、203の材については、間柱等に、204、206はパネルの柱材、

208、210、212は横架材(梁、根太等)、404は土台に使われています。

 

 

2×4工法に使われている樹種には次のような種類があります。

 

① D.Fir-L  : ダグラスファー、ウェスタンラーチ、その他

 

② Hem-Tam : イースタンヘムロック、ジャックパイン、イエローシダー、
タマラック、その他

 

③ Hem-Fir : ヘムロック、グランドファー、その他

 

④ S-P-F    : ホワイトスプルース、シトカスプルース、レッドスプルース、
ロジポールパイン、ポンデローサパイン、アルパインファー、
バルサムファー、その他

 

⑤ W.Cedar : ウェスタンレッドシダー、レッドパイン、ホワイトパイン、その他

 

 

以上の樹種がありますが、現在日本に輸入されてホームセンター等で販売されているのは、

上記の内の④S-P-Fの乾燥材がほとんどです。

 

また、上記の内レッドシダーは非常に腐れにたいして強い木となりますので、

屋外などで使われるウッドデッキの材料に適した木となります。

 

 

2×4木材については以下の販売店にて扱っておられます。

 

○ オカモク楽天市場店

 

○ 木材倉庫 ムック

 

○ 株式会社小山商店

 

 

ウェスタンレッドシダー、イペ等のウッドデッキ材については以下の販売店にて

扱っておられます。

 

○ オカモク楽天市場店

 

○ 木材倉庫 ムック

 

○ 株式会社B-green楽天市場店

 

○ 有限会社 ジーエスビー

 

○ 木の香-woody shop-

 

○ リーベのウッドデッキ&ガーデン

 

 

タグ :  

DIY 木工材料